FC2ブログ
週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。時々、更新しています。
取り戻す
ひと頃、痩せる一方だったはあちゃんも、絶妙な処方食のブレンド(禁じ手?)で
食欲が復活。
スピノサウルスのような体型からぽっちゃりに戻りました。
1812031.jpg



私はPOKOさん手作りのロールケーキで気力体力が復活。
POKOさん曰く「キウイを倍、入れたら巻きにくくてひび割れた失敗作」だそうで。
どこが失敗なの?! むしろ喜びに手が震えて、うまく切れなかった私が失敗。
なめらかなクリームがたっぷり、柔らかくてちょうどいい甘さで・・・。
1812032.jpg

スポンサーサイト
恋し続ける
ちゃあちゃんの心臓病が発覚したのはちょうど一年前でした。
4ヶ月後には急激に腎臓も悪くなり、薬と輸液、通院だけの日々になりました。
美味しい物を食べさせれば、腎臓に悪いし、まずいご飯を無理やり押し込むのは
お互いにきついものでした。

手を尽くしても悪化していく一方のちゃあちゃんに聞いてみました。
「ちゃあちゃんは、心臓で一気に逝くのと腎臓でジワジワ弱るの、どっちがいいの?」

ちゃあちゃんは私をじっと見て答えました。  
「僕、生きていたいよ」

ごめん。そうだよね。
ちゃあちゃんは生きることしか考えないよね。
ママはなんでもするよ。輸液だって怖がらずにちゃんとやるから。

それから2ヶ月あまり、ちゃあちゃんは
「じゃ!僕のタイミングで逝かせてもらうよ」と、静かに旅立ちました。
その数時間前まで、まずいご飯を食べ、薬を飲み、最後のおしっこまで
自力でトイレできちんと済ませました。

私は出逢ってから別れるまで、ちゃあちゃんにずっと恋をしていました。
この先もずっとこの気持ちは変わらないでしょう。
いつかまた会おうね。
会えるなら、私はネズミに生まれて、追っかけられてもいいわ。
じゃあ、またね。

IMGP9377.jpg
お借りする
気づいたら55歳になっていました。
この本によると宇宙誕生から現在までを一年に例えると
55年の私の人生は0.12秒だそうで。
1810241.jpg








ほんのちょっとの時間、表面をさっとかすめるように地球をお借りして。
1810243.jpg
           「今日は処方食の食いつき実験らしいわ」





毎日を生きています。
猫がいるから楽しい。笑える。時々、しんどいこともある。でもやっぱり人生は楽しい。
1810242.jpg
刻む
はあちゃんはカリカリの粒に四苦八苦して食欲不振気味。
丸いドライは半量を刻み、スナック型のドライは半分に割ります。
1809251.jpg








ちゃあちゃんがいた頃は食べすぎて困るほどでした。
明け方、ご飯を催促し、食べ終わると2匹でリビングに移動して寝直すのが日課。
1809254jpg.jpg





その習慣が抜けなくて、明け方にリビングに行って一人ぼっちで寂しくなり、
大鳴きするようになりました。
そのため、私も明け方からリビングにマットを敷いて寝るようになりました。
軽い腰痛・・・。
1809252.jpg






寂しいよね。
ひとときも離れず、お兄たんの愛に包まれて暮らしてきたんだものね。
1809255.jpg

やり過ごす
今年の夏はひどい天気ばかり。8月31日の雷は55年の人生で一番怖い雷でした。
1809156.jpg




はあちゃんは恐怖で舌をしまい忘れています。
1809154.jpg




雨水でベランダが波打ち、網戸が高圧洗浄機をかけたようにまっさらに。
1809155.jpg





その後の、はあちゃんの甘えん坊ぶりは言うまでもなく、いつも誰かに寄り添い。
1809153jpg.jpg








娘がストレッチをしている時も離れません。
1809151.jpg