FC2ブログ
週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。時々、更新しています。
おひさしぶりです
今年初めての更新になります。もう秋でしょ~
201910104.jpg



はあちゃんは一人っ子暮らしを満喫していましたが。
201911101.jpg



夏に腎臓数値が悪くなり入退院を繰り返し。
201910102.jpg



今は自宅で毎日輸液をして、薬を飲み、穏やかに過ごしています。
体重、輸液、摂取カロリー、おしっこ量の計測で一日が暮れるけど幸せ
201910103]

スポンサーサイト



お借りする
気づいたら55歳になっていました。
この本によると宇宙誕生から現在までを一年に例えると
55年の私の人生は0.12秒だそうで。
1810241.jpg








ほんのちょっとの時間、表面をさっとかすめるように地球をお借りして。
1810243.jpg
           「今日は処方食の食いつき実験らしいわ」





毎日を生きています。
猫がいるから楽しい。笑える。時々、しんどいこともある。でもやっぱり人生は楽しい。
1810242.jpg
やり過ごす
今年の夏はひどい天気ばかり。8月31日の雷は55年の人生で一番怖い雷でした。
1809156.jpg




はあちゃんは恐怖で舌をしまい忘れています。
1809154.jpg




雨水でベランダが波打ち、網戸が高圧洗浄機をかけたようにまっさらに。
1809155.jpg





その後の、はあちゃんの甘えん坊ぶりは言うまでもなく、いつも誰かに寄り添い。
1809153jpg.jpg








娘がストレッチをしている時も離れません。
1809151.jpg
想う
絵のような朝焼け。
1807015.jpg




はあちゃんはヒマを持てあましています。
1807012.jpg




お兄たんがいなくなって1か月。
1807014.jpg




甘えん坊に拍車がかかっています。
180701.jpg


泣く
ちゃあちゃんが亡くなってから初めてお仲間さんのところへ行きました。
お仲間さんは、ちゃあちゃんが亡くなる一週間前に18年近く一緒だったニャンコを見送っています。
共通しているのは
「あの猫との生活が遠い夢のような感じで涙が出ない」
「あんなに可愛い子と長年暮らしたのは本当に現実だったのか?」という思い。
語り合い、結論は
「猫たちが私たちを悲しませないように脳みその一部をぶっ壊してからいった」と。
そして楽しい思い出を話している時に涙が出ました。
お仲間さんは
「泣かないとダメなのよ。私も他の猫たちの時は泣いたから」と。
心臓からポロっと固い皮膚が剥がれ落ちたような気分でした。
これからは泣こう!そのあとは笑おう!と思いました。
1806121.jpg
                  お仲間さんが煮てくれた小豆


みっちりはあちゃん。
1806122.jpg