週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。毎週月曜日に更新、4コマ漫画もあります。
痛み分け
今日はちゃあちゃんのワクチンとはあちゃんの目の検査にお医者様が来るのです。
はっ
「ママが部屋のドアを閉めて包囲網をしいているわ」



押入れに逃げられないようにテーブルとBOXで封鎖。
でもまんまと開けられ隠れられてしまいました。
ガリガリ
「根性で開けるわ」



押入れに隠れる術も知らないちゃあちゃんはチクン
僕・・・
「僕、注射された・・・」



ボー然としています。肉球が真っ赤。
痛かった
「ママは痛くないよって言ったけど痛かった・・・」



だって「痛いよ」って言ったらビビッちゃうでしょう?
ぷんぷん
「ママの嘘つき。ママなんか嫌いだ」



ゴメンね。でもママもちゃあちゃんに引っ掻かれて痛かったわ。
ゴメンね
「あっ、絆創膏いっぱい。ママ、ゴメンね」

茶葉ママの今日のつぶやき
一般に「お産より痛いものはない」と言われていますが、お産が軽かった私は
「お産の方がマシ」という経験をいっぱいしました。
スポンサーサイト
ビリーに夢中
お昼寝してたちゃあちゃんがTVの音で起きました。
あっ
「あっ、また、これやってる」


ちゃあちゃんも気になる様子。
ふ~ん
「ママはもう何十回もこれをみているなぁ」


そうです。このCMに釘付けです。
ビリーズ
「あら、ママがTVに近づいてきたわ」



自分には向いていないとわかっていても、やってみたいこれ。
ブート
「ママは3日も続いたことないのに一週間なんて絶対ムリよ」


でもね、死んだ気でやったら腹筋割れるみたいよ。
キャンプ
「腹筋?そんなのも何の役に立つの?」


だってもうすぐ薄着の季節だもの。体のラインは重要よ。
お申し込みは
「そんなものかしら?0120-500-・・・」



はあちゃん、今、電話番号暗記してなかった?
0120・・・
「してないわよ。0120-500-・・・  忘れないうちに電話を・・・」

茶葉ママの今日のお願い
買うべきか買わざるべきか、ご意見をお寄せください
犬vs猫
ちゃあちゃんが珍しく私の部屋で寝ていました。
むっ
「ママ、急に電気つけないでください」


ここで叫びます。
ふぁ~
「あ~あ。僕には安眠できる場所はないのか?」


そんなに寝たいなら枕を貸してあげるわ。
おっ
「おっ、これドーナツ枕ですか?」



そうよ、ママがうつぶせで寝るときに使うのよ。
ほうほう
「ほうほう、なかなかいいんじゃないですか?」


そろそろご飯だけど、ちゃあちゃんはまだ寝るんでしょ?
えっ?
「えっ?!ご飯?」


首を抜こうとジタバタしたら今度はお尻がはまりました。
あ~ん
「あ~ん、助けてください・・・」


茶葉ママの今日の教訓
人間に食欲がなかったら文明は発展しなかったでしょう・・・
呼び捨て禁止
久々に首輪をはずしたちゃあちゃんは考えていました。
ちゃあちゃん
「僕の名前は茶夢だけど、ちゃあちゃんなんだ」



迷子札にも「茶夢」でなく「ちゃあちゃん」と書いてあります。
ちゃあちゃん
「ママは時々、茶息子君、たあたん、お兄ちゃん、茶色君と呼ぶなぁ」


はあちゃんも考えているようです。
はあちゃん
「私は葉夢だけど、葉夢って呼ばれたことないし・・・」



迷子札にもちゃんと「はあちゃん」と書いてあります。
はあたん
「ママは、葉娘さん、はあたん、はったん、おデブちゃんと呼ぶわ」



そうです。あなたたちに敬意を払って呼び捨てにしたことはないはずよ。
じゃあ
「じゃあ、あの人はどうなの?」



これ、あきらかに呼び捨てですけど・・・
この方は?


茶葉ママの今日の教訓
何十年も日本国民から呼び捨てにされているアグネス・チャンさんは出来た人間です。

週一回の体重公表:あれこれやってる割には減りません、増えません。
・・・

テーマ: - ジャンル:ペット

唯一の欠点
獲物に挑むちゃあちゃんは凛々しい。
りりっ



獲物を狙う眼はルビーのよう・・・
きりっ




獲物を捕らえた眼は憂いを含んでエメラルドのよう・・・
きらっ



そしてふと我に返る。
僕って
「僕って何でこんなにかっこいいんだろう」



そしてママは思う。何でこんなに足が短いんだろう。
カスカス
「あん、足が届かないよ」

茶葉ママの今日のつぶやき
もし、あと10cm背が高く、あと10キロ体重が少なく、あと10cmウエストが細く、
顔のパーツ総入れ替えして、髪はカラスの濡れ羽色、英語が堪能で性格が良く、
頭脳明晰だったらミスユニバースになれたのに・・・・
あっ、「あと20歳若かったら」も追加。
気持ちは抑えて
ちゃあちゃんはお休み前の毛繕い。
おてて
「ペロペロ、僕のおてて」



寝ぼけたフリで、はあちゃんのお尻をペロ。
おちり
「ペロペロ、僕のおちり

はあちゃんは、すかさずブロック。
きゃ
「お兄たん、言葉の最後にいやらしい喜びが垣間見えたわよ」


ちゃあちゃん、余計なお世話を焼いてないで自分のベッドで寝なさい。
ぼや~
「僕、ホントに寝てたんだよ。ぷぅ・・・」 「うそばっかり、おちりに付いてたわよ」



これで安心して寝られるはあちゃんでした。
すうすう
「ようやく手足が伸ばせるわ」

茶葉ママの今日の教訓
冗談を言う前に自分で笑ってしまう人はお笑い芸人にはなれません。
ちょっと待て
ちょっとあんたたち、足から降りなさい。二人合わせて11キロもあるのよ。
わぁ
「ママ、早くください」



全体重をママの細い足(?)一本に乗せて・・・それになんで瞬時に場所、入れ替わるの?
興奮
「私、写真嫌い」  「僕、興奮してます」  



今、あげるから、ちょっと落ち着いて。ほら、ママの爪も見てみて。
また場所、入れ替わってるし。
早く早く
「僕が先~」 「レディファーストよ~」




本編とは関係ありませんがパウ模様のネイルアートをしてもらったんです。
キラリ




あら、ちゃあちゃんが急に降りるからバランスを崩してのけぞって、
あんたたちが見切れちゃったわ。また場所、入れ替わってるし。
ドテッ
「ごちそうさまでした」 「私、おかわり」



こらこら、これはママのダイエットキャンディー。
キャンディー
「小腹がすいたらこれよ」

茶葉ママの今日の教訓
いつもの食事+ダイエット食品では痩せられません。
眠れ眠れ
はあちゃんがお昼寝していました。あどけない寝顔、可愛い。
すやすや


手を枕にしちゃって可愛いわぁ。もっと近づいちゃおう。
すやすや


あ、そんなに可愛くもないかぁ。薄目開けちゃったし。
ちらっ



ちゃあちゃん、ネンネするときは目をつぶりなさい。可愛いけど。
ぐうぐう


お目々をつぶってゆっくり寝なさい。そのポーズ可愛いけど。
ぐうぐう


ちゃあちゃん、目をつぶりなさい。ママが怖いから。
ズズズ~


茶葉ママの今日のつぶやき
毎朝、起きるたび「ここはどこ?」と一瞬とは言え、真剣に悩みます。

テーマ: - ジャンル:ペット

耐える女
いつものようにちゃあちゃんがはあちゃんのお尻を追いかけケンカに。
ドタバタ
「ん、もう、お兄たんたら」  「妹のクセに生意気だぞ!」


はあちゃんはおしゃもじパンチの構え。
そおれ
「いくわよ!おしゃもじパ~ンチ」  「え~え?!」



ちゃあちゃんはこの体勢ではお尻は望めません。
ちぇっ
「ちぇっ・・・」


そして諦めてどこかへ行ってしまいました。
お兄たん・・
「あ、お兄たん、パンチは?」


最近、米倉涼子のドロドロドラマの再放送を見ている私。
目を見開いたまま涙を流す彼女は怖い。ちょっとはあちゃん、似ているかも。
私も・・・
「耐える女って美しいものね・・・」

茶葉ママの今日の教訓
気持ちと関係なく涙が流せるといろんな場面で助かります。

テーマ: - ジャンル:ペット

放浪記?
ちゃあちゃんがお風呂のフタの上でくつろいでいたら娘が掃除しに来ました。
ぼや~ん
「僕、今、ここでちょっと寝ようとしたんですけど」


追い払われたちゃあちゃんはベッドで寝ることにしました。
うとうとしてたら娘が掃除を終えて戻ってきました。
Gンズの裾がまくれているのはお風呂洗いをしておろし忘れたのです。
あっ
「あっ、お姉たん、僕そこで寝ようと思ったんですけど」


娘はちゃあちゃんを無視、どっかりと寝転びます。
うゎ
「うわぁ~、お姉たん、僕、挟まってます」


落ち着けないちゃあちゃんは和室に行き、いいお布団を見つけたようです。
むふ
「ここなら、ゆっくり寝られるな」


あら、また押入れからお布団を落としたの?片付けるからちょっとどいて。
どいて
「落としたのは、はあちゃんだよ。」


結局、ママの寝室で寝ることにしました。
グスン
「僕の居場所がないよ・・・」

茶葉ママの今日のつぶやき
わが家の一番いい部屋だった和室が猫部屋になってしまいました。
これも私の
牛乳をたっぷり入れたコーヒーパンを焼いたら、こんな変な形に。
これ、Gンズのベルトの上にたっぷり乗った私の贅肉みたい。
ぶよ




そんなことにはお構いなしのはあちゃんがニョ~ン。
にょ~ん



さっそく味見をします。
ペロ
「エスプレッソの深みがいいんじゃないの~?」



この日は私が躊躇するケンタッキーを姉が大胆にも買ってきてくれました。
あっ
「あっ、それ、私がもらったのよ」



違います。ママとお姉たんがもらったんです。
がつがつ
「違うのよ~、私がオバちゃんに頼んでおいたのよ~」



ちゃあちゃんは別の部屋で無関心。
ふう
「はあちゃん、あれじゃママと同じでいつまでたってもダイエットできないなぁ」


茶葉ママの今日の教訓
プレゼントされたものは喜んでいただきましょう。

これからは更新が午前中になると思います。
出会いを待つ猫
人間寝をしていたちゃあちゃんが。
ZZZ
「・・・・」

むっくり起き上がり、大あくび。
ぶおわ~
「むぉわぁわぁ~」

そして何かを思い出したみたい。
そうだ
「そうだ、そうだ、忘れちゃいけない」

どうしたのちゃあちゃん、キリッとしちゃって。
キリっ
「あ、あのなぁ・・・メールの返事を待ってるんだ」

まさかまた出会い系やってるの?
じゃらじゃら
[お姉たんには内緒だよ」


茶葉ママの今日の教訓
間違えてヤバいメールを送ってはならない人に送ってしまってたら
「携帯を一時、盗まれた」とか言ってシラを切り通しましょう。
分析する猫
今日は卵とミルクの入った甘めのパンです。
ふかっ


ちゃあちゃんは気づきました。
ふ~ん
「今日は、卵、ミルク、バターやや多し・・・」

でもさほど興味はありません。
あっ
「あっ、鳥さん」

その頃、はあちゃんは。
くんくん
「卵1個、ミルク150cc、バター25g、砂糖・・・」

はあちゃん、目が鬼みたいになってるよ。
くんくんくん
「砂糖はグラニュー糖25g・・・カロリーは一枚当たり220kcal」

茶葉ママの今日の教訓
初対面の人に「私って○○なタイプじゃないですか」と言われ
違和感を覚えないくらい鈍感になれると生きるのが楽です。

体重は週一ペースで公開します。おほほ・・・・
お風呂で
お風呂の中で写真を撮ったらモワっと。
もわ~


なのでプロテクターをつけて撮影。なんだかロボットみたい。
おっ!


これで湯気の中でもくっきり。
くっきり


お風呂のフタはちゃあちゃんの特等席。あら、はあちゃんも乗りました。
二匹合わせて11キロ。ちょっとゆがんでない?
ギシッ


ムっとするはあちゃん。
むっ
「なんてこと言うのママは!」

そしてバスタブに乗りました。
ちょこん
「私はスリムだからここでも余裕よ」

いくら余裕でも、覗きこまないで~。アナタには2度、転落の過去が・・・
じろ~
「わ~、目が眩むわ~」

昨日はちゃあちゃん、今日は、はあちゃんにもニオイを嗅がせましょう。
くんくん
「うわ~、迷惑!」

相当、つらかったようで必死で我に返ろうとしています。
ん、もう
「あ~ん、やだやだ」

ちゃあちゃんは毎日、耳を拭きます。
ごしごし
「ママ、もっとソフトにやってください」

茶葉ママの今日のつぶやき
体重・・・・もう、どうでもいいっかなぁ・・・・・
ふっ

テーマ: - ジャンル:ペット

されるがままに
ちゃあちゃんの手を足でつまんでみる。
あ
「あ、何するですか」


ちゃあちゃんの耳を足でつまんでみる。
ああ
「あ、何てことするですか」

ちゃあちゃんに足のにおいを嗅がせてみる。
わ
「わ!」

ちゃあちゃんに足の指を舐めさせる。
む
「む!」

ちゃあちゃん、少しは抵抗したらどうなの?
・・・
「テイコウって何ですか?」


茶葉ママの今日のつぶやき
ここ最近、増加する体重に抵抗ばかりしてきました。ここらへんで素直になろうかと・・・・

おほほ、昨日の1キロ減はうたかたの夢。ちゃんともどってるじゃん!
あ~はっは

苦手なの?
娘がアイスを食べていたら、はあちゃんがやってきました。
アン
「あら、私、オレンジは苦手なのよ」


それを見ていたちゃあちゃんもわざわざやってきました。
かぁ~
「かぁ~!猫は柑橘系はダメなんだよ」

そんなこと言いながらもしつこくベッドまで乗ってくるちゃあちゃん。
ちょっと
「お姉たん、もっとよく見せて」


くんくん匂いを嗅いで離れないちゃあちゃん。
ちょっとちょっと
「あ~ぁ、やっぱりミカンか。僕は、ミカンが苦手なんだよ」


苦手なら嗅がなきゃいいじゃない。
ペロ
「あ~ぁ、やっぱりダメだ。でも一口だけなら舐めてあげてもいいよ」

茶葉ママの今日の教訓
カレーのルーを変えるだけでも何か発見があります。

おや?また1キロ減ってました。
ほっ

テーマ: - ジャンル:ペット

呪います
ちゃあちゃんが押入れに入ってテコでも動かないのでふすまを閉めました。
少しは懲りたようで自力でここまで開けて助けを求めています。
開けて
「ママ、開けてください」

ちゃあちゃんがいけないのよ。衣替えのジャマばかりするから。
開けてください
「ごめんなさい、反省してます。だから・・・」


そんなこと言ってもまたすぐ忘れて同じこと繰り返すでしょ、いつも。
お願いします
「今回は反省してます。だから開けてもらえませんか?」



もう少し反省してなさい。
どろろ
「じゃあママ・・・呪っていいですかぁ?」

茶葉ママの今日の教訓
災害とリバウンドは忘れた頃にやってくる

おほほ・・・今日は1キロ近く増えちゃいました。
いよいよビリーズ・ブート・キャンプに入隊か?
ぎょ!

また会えたよ
土曜日に「ゾロ目兄妹」のササさん&ヤマ~ダさんが来てくださいました。
前回、来てくださったのは2週間前。猫たちはお二人をしっかりと覚えていました。
やっほ~
「ササさん、僕、嬉しくて足、伸びちゃいます」

撫でてもらってリラックスしたちゃあちゃん。ベロ出てるよ。
ぺろ
「えっ?」

はあちゃんは相変わらずヤマ~ダさんに撫でられています。
ころん
「だって私・・・・」

はあちゃんは今回の方が慣れるのが早かったね。
うふ
「ヤマ~ダさんに恋しちゃったんだもん


この日ちゃあちゃんはモデルポーズばっかりとっていました。
伸び~
「僕はプロなんでね。イヌバウワーじゃなかった、ネコバウワー」

瞬きもせず、真剣そのもの。
でも実はヤマ~ダさんはギリギリやばい顔を狙っていたのでした。 
キラリ
「いい顔を撮ってくださいね」

ダイエット中の私を気遣ってくださったササさんからのお土産はダイエット補助食品。
やった
食物繊維たっぷりグミやキャンディー。

そしてこれが最強でした。蒟蒻で出来たチキンジャーキーもどき。
カラッ!
 しかも唐辛子味、燃えそう~

茶葉ママの今日のつぶやき
唐辛子天国の韓国では冷え性と肥満の女性はいないと聞いていましたが・・・

昨日のチーズケーキの分が一日おいてやって来ました。まるで筋肉痛。
おっ

早とちり
珍しくはあちゃんがちゃあちゃんのお世話に来ました。
お兄たん
「お兄たん、ぺろぺろしてあげる」


ケンカをしかけられたと勘違いしたちゃあちゃんはとっさにケリを。
ゲシッ
「はあちゃん、スキあり」


はあちゃんは憮然とした表情。
???
「なんで私、蹴られるの?」  「えっ?ケンカじゃないの?」


そしていなくなりました。
ゴメンね
「あっ、はあちゃんゴメン。もう一回来て~!」

ちゃあちゃん、何でタンスに入ってるの?
反省
「ママちょっと、1人にしてくれませんか?」

茶葉ママの今日のつぶやき
道を聞かれただけなのに身構えたことがあります。

チーズケーキを食べても増えなかった・・・・セーフ
ふっ

ママのために
ちゃあちゃんが思いっきり開いています。
そ~れそれ
「そ~れそれ」

寝ながら、まるで盆踊り。
ちょいなちょいな
「ちょいなちょいな」

あら、寝てたんじゃないの?
薄目
「ちゃんと起きてるよ」

どうしたのシリアスな顔しちゃって。
シリアス
「ママがダイエット中でかわいそうだから景気づけに踊ってみたんだよ」 

はあちゃんも応援してくれているの?
ガッツ
「ママ、ガッツよ!」


茶葉ママの今日の教訓    気のゆるみ=おなかのたるみ

それが数字に表れています。500gも増えちゃった。

・・・

ド忘れ
今日もお外を眺めるのは、ちゃあちゃんが先。
じっと
「私、いい子で待ってるの」

でもちゃあちゃんの図々しさはかなりのもの。
じっと
「もう、お兄たん長いんだから。」

待ちきれず、横からちょっと覗きます。
早く~
「ちぇ、はあちゃんに取られた」

ちゃあちゃんはリビングの大きい窓から外を眺めたくなったようで。
バイバイ
「バイバイ、はあちゃん。僕、あっちへ行くよ」

はあちゃんは、ちゃあちゃんを追いかけます。
あっ!
「あ、お兄たん、待って」

でも安全な降り方をド忘れしたようです。
あら?
「あら?右手が先だったかしら?」

途方にくれます。
えっと
「両手で踏み切るんだったかしら?」

おデブさんにはちょっとした高さでも飛び降りるのは大変なんです。
えっとえっと
「えっと、えっと・・・」

茶葉ママの今日の教訓
脳トレを怠けた分、まとめてやろうとすると疲労と絶望だけが残ります。

あら、太った400g分、減りました。ちょっと感動でぶれました。
やったね

夏の気配
はあちゃんがカーペットの盛り上がりを見て・・・
なんだか・・・
「なんだかこういう曲線を見ると太陽と波が恋しくなるのよ・・」


あら、イケイケの10代の頃を思い出した?
うずうず
「そうよ!私、サーファーだったのよ!無性にボードに乗りたくなったわぁ」


ちゃあちゃんは日なたでお昼寝。
zzz
「僕は昔、南の島でバカンスしたものだった・・・」


そして何かひらめきましたか?
そうだ
「そうだ、南国気分を味わうには!」



ちゃあちゃん、ズレてるけど・・・
ズレ
「太陽の下で何もしない休日・・・大人だなぁ」


はあちゃん、ちょいギャルね。
ギャル
「また肌を小麦色に焼きたくなったわ」「物理的に無理だよね」 byママ


茶葉ママの今日の教訓
どんなに好きでも懐かしくても魔がさしても自分の全盛期の服を
引っ張り出して着てはいけません。

おほほ、400g戻りました。だってゆうべの焼き魚が美味しくて・・・
増えた

主食がおかず?
ふと見ると。あら、はあちゃん、背中にそんな模様あった?
?
「これ、素肌一体型猫背矯正コルセットよ」


まあ、そんなことはどうでもいいのですが・・・はあちゃんは気づきました。
あら?
「あら、パンケースにパンがいっぱい」

そしてママの言葉を思い出します・・・
う~ん
「ママ、ダイエットのため、しばらくパンは焼かないと言っていたのに」


これはお姉ちゃんのお弁当用に仕方なく焼いたのよ。ママの分も
中身はグラタン、たらこスパ、焼きそば、卵。
パン
「ママ、これってほとんど炭水化物 in 炭水化物じゃない!」

茶葉ママの今日の教訓
家族を犠牲にするダイエットはいけません。

下げ止まる前兆かしら?100g減だけ。最近、肉を食べたいと思わなくなりました。
・・・

耐える猫
朝の習慣、新聞を読んでいたちゃあちゃん。
ふ~ん
「最近は3人で頭を下げてる写真ばかりだなぁ・・・」


さりげなくオモチャのドーナツをおいてみました。
そうなのかぁ
「漢字が書けない子供も増えているって、これってIT社会の弊害か?」


気づかないので肩に乗せました。
わっ!
「うぉっと、ママ。またお茶目なイタズラを」

ちゃあちゃんは思います。
僕って
「いつもママは僕にイタズラをするなぁ。僕っていじられキャラ?」

この少し前、はあちゃんは・・・まるで中世の貴婦人。
・・・・
「ママ・・・」

あれ?はあちゃん、その遠くを見つめる目。
何か感じる?
「私の静かな怒りを感じない?」


茶葉ママの今日の教訓
飼い主はおごれてはいけません。
猫たちに「食べさせてもらっている意識」は毛頭ありませんから。

!
またマイナス400g。3日で1.9kg減。そろそろ下げ止まるかな?
HGって何だっけ?
娘が衣替えでタンスの入れ替えをしていました。
うふ
「コットンは夏の香りだなぁ~」

ちゃあちゃんはベルトが気に入ったの?
お?
「ん?違うよ。でもこれお姉たんには似合わないよ」

そうこう言っているうちに眠くなりました。
むにゃ
「衣替え終わったら教えてね、ちょっと寝るから」

やっぱりこのベルトは似合わないからちゃあちゃんにあげる。
ん?
「えっ?何ですか?」

欲しかったんでしょ?
HG?
「別に僕は・・・フォーってもう古いし・・・」

茶葉ママの今日の教訓
「最新のファッション」は来年「時代がかったファッション」になります。
流行に左右されないものを選びましょうね。
ん?
また500g減。2日で計1.5キロ減。今までは単に夕食の食べすぎだったのかしら?
目覚めの木
今日はパンの匂いがしません。
・・・・
「ママはあの日からパンを焼いていない」


そう、もっぱら発芽玄米を炊いています。
・・・
「ママったら何かに目覚めたのか?」


先日、こんな木を見ました。
???



鉄のフェンスに食い込みながらも逞しく育つ木。
!!!
「お母さん、自然の生命力を感じるね」 by娘


でも私にはブラの上下からはみ出す背肉に見えたのでした。
アセッ
「なにかダイエット食品買って帰ろう」 byママ


そしてとりあえずダイエットサポートクッキーを・・・
頑張るぞ



ちゃあちゃんはお気楽だね。
ごろ~ん
「まだまだ、上がいるからねぇ」


茶葉ママの今日の教訓   自然は偉大な教師です。

朝と昼いっぱい食べ、おやつは柏餅一個だけ、夜はサポートクッキーで1キロ減りました。
おっ?

ライオンじゃないんだ
どことなく貫禄のあるちゃあちゃん。
どっしり
「ライオンと猫は同じ仲間なんだってね」

そうよ。ライオンのルーツは猫よ。
ライオン?
「だから僕もライオンの風格が備わっているんだなぁ」

自分に酔いしれて雄たけびするちゃあちゃん。
カォ~
「カォ~」

今、はあちゃんが横切りました。
えっ?
「えっ?ライオンの前を猫が・・・」

だってちゃあちゃんは猫だもの・・・
がっくり
「そうだったなぁ」

茶葉ママの今日のつぶやき
おデブに加速がつき、過去の史上最高にあと数百グラムとなりました。
ここで気持ちを入れ替え、恥を忍んで体重を公開しダイエットに励みます。
キッカケは先日見た一本の木でした・・・・
げっ!

牽制球?
これ、いつもの風景です。パンの焼けるところ、はあちゃん有り。
ジャーン


冷めるまで周りをうろうろして待っています。
そわそわ
「これはレーズンとクランベリーの食パンね」

ある日、卵入りソフト食パンを味見するはあちゃん。
ペロ
「卵が入るとよく膨らむわね」


またある日、お砂糖たっぷりスイート食パンを味見するはあちゃん。
ペロペロ
「焼き目が濃くなるのはお砂糖の多い証拠よね」

この日はバターと砂糖を控えたシンプルなプレーン食パンです。
ん~ん
「ん~。あまりときめかないわ」

ちょっと考えます。
thinking
「これって・・・・?」

そうよ。その通り。
ぷう
「私に舐めさせないための牽制球ね」

茶葉ママの今日の教訓
早く縁を切りたい人へのおもてなしはぬるい水だけにしましょう。
朝の決闘
夜中ドタバタけんかをしていた二匹。朝は仲良くなっていました。
いちゃいちゃ
「はあちゃん、チュッ」  「ありがと、お兄たん」

あんたたち、もうゆうべの決着はついたの?
えっ?
「えっ?」 「決着?」

人の安眠を散々妨害しておきながら忘れてるのね・・・
えっと~
「なんだったかしら、お兄たん」  「そう言われれば・・・」

二匹同時に思い出しました。
わお!
「あっそうだ!まだ勝負がついてない」   「ぎゃ!お兄たん、変に記憶力がいい!」

はあちゃん、お尻を攻められています。
やめて~
「きゃ~!女の子は朝に弱いのよ~!」

はあちゃんは惨敗でした。毛が抜け落ちています。
残念
「昼間だったら楽勝だったのに」

茶葉ママの今日のつぶやき
「貧血気味なので」「血が薄いと思うので」と献血を断ってきましたが
先日、「豊富で濃い良質な血」だと判明し、たっぷり採られました。
あきらめた
ちゃあちゃんの憩いの場は背の高い本棚。これは2月に撮った写真。
むふふ
「ここには、はあちゃんは登れないんだ」

また久々に登りたくなったちゃあちゃん。
本棚に飛び上がるには、チェストの上の本を経由することが必要です。
あれ?
「あれ?本の安定悪くない?」

高校の教科書がなくなった分、スカスカになったんです。
おっと
「うわ~、ちょっとこれ、爪立てなきゃ」

完全に倒れています。
なんで~
「なんだか段々、低くなるよ~」

ゴールを目前にして足場が悪いのであきらめました。
あきらめ
「お姉たんにもっと参考書を買うように言わなきゃな・・・」

茶葉ママの今日の教訓
料理の本を買って眺めてるだけではテーブルの上は華やぎません。