週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。毎週月曜日に更新、4コマ漫画もあります。
夏の終わり・・・
日中は「蒸し殺される?」と思うほど暑いのですが、夜はいくらか気温も下がり。
IMGP5261.jpg






お姉たんの胸に乗ったはあちゃんは自分の抜け毛の毛玉を。
IMGP5293.jpg







ベレー帽にしてもらい、おしゃれをしたり。
IMGP5295.jpg







秋ですね。
IMGP5256.jpg
                「・・・んな、テキトーな」







お友達から頂いた蜂蜜飲料。バテた体に優しく沁み渡りました。美味しかった。
IMGP5280.jpg



追記

うちの廊下は7m。別名:死のロード。
猫が運動会をしてスリップするので絨毯を敷いていましたが、もう限界!
絨毯からはみ出す両脇のフローリング部分にモップをかけ、全体を掃除機で吸い、
取れない抜け毛はウレタンでこすり取り(力を入れすぎ爪を剥がしそうになる)
それでも取りきれない毛は濡れ雑巾で絡め取ること毎朝。時々レイコップをかける。

朝からバテます。50過ぎた私には苦行です。でもやらないとクシャミが止まりません。
で、絨毯を外しました。即日からまた猫たちは滑りまくっています。爪も欠けました。
抜け毛が取りやすく、猫が安全な方法があったら教えてください。
IMGP5303.jpg
↑ 印 コーラの缶を立ててみました。小さい、遠い、お~い!
スポンサーサイト
ありのままの姿
涼を求め廊下で寝転ぶちゃあちゃん。
IMGP5247.jpg





ばててはいるけど人間よりずっとクールな顔をしています。
IMGP5248.jpg





でも角度を変えてみるとやっぱりかなりばてているかな?
IMGP5251.jpg






もはや足なんて猫らしくないし。
IMGP5255.jpg




ありのままの姿が見せられないのはこのお方。人間幅≦猫幅。
IMGP5246.jpg
悲喜こもごもで
先週の同じ日に娘は友達の結婚式、私はいとこのお通夜でした。
IMGP5223.jpg



不思議なことがあったんです。
IMGP5226.jpg
「ママのこと、変な人だと思わない人だけ続きを読んでね」






[悲喜こもごもで]の続きを読む
足で癒し癒される
IMGP5216.jpg
                    「僕は・・・」






IMGP5218.jpg
                 「いつも・・・」







IMGP5219.jpg
                 「こんなポジションでいいんだろうか?」







さて、最近めっきり登場の少ないはあちゃんは・・・。おいで!
IMGP5206.jpg
               「はい!」







こしょこしょしてあげる。
IMGP5209.jpg
             「ゆうて、どうせ足でじゃない・・・」



みなさまの地域は台風は大丈夫でしたか?
うちの方はちょうどすっぽ抜けたように雨も風もたいしたことがありませんでした。
幸せな日が帰ってきた
夫が自分の家に戻ってから、ちゃあちゃんはよく寝るようになりました。
IMGP5203.jpg
                   「ぐぐぐ・・・」





とてもリラックスしています。
IMGP5199.jpg
                 「くぅわぁ~」






よかったね。
IMGP5201.jpg
                 「てへっ」






娘と猫が幸せなら、もうそれ以上のことは望みません。
IMGP5211.jpg
               「すすす~」


決着
夫のいびきを聞き、緊張感いっぱいのちゃあちゃん。
IMGP5181.jpg




ちゃあちゃんは超マザコン。そして根っからの社交的猫なのに・・・。
夫の言動にイライラしている私を心配して常に私を観察、離れなくなりました。
ちょっとお疲れ






いつもは日中は爆睡しているのに、最近は私の後を追って、ろくに寝ていません。
IMGP5184.jpg






夫が来て数日後からちゃあちゃんは明け方にドアを引っ掻くようになりました。
未明のことなのでご近所に聞こえそうで叱ったりケージに入れると切ない声で
鳴くようになりました(ちゃあちゃんは普段全く鳴きません)
IMGP5188.jpg
               引っ掻いても響かないようにパッキンを貼りました。





私は夫と過ごした11日間で2,5キロ痩せました。わけのわからない突然の同居人に
ちゃあちゃんはもっと辛かったでしょう。検査の日を待たず、夫を追い出しました。
IMGP5186.jpg
「ママ、ごめんね。僕、本当はつらかったんだ」





これからはまた陽気なブログになれます
そうじゃないんだ
夫とちゃあちゃんがうまくいくようにブラッシングに挑戦させました。
ゴシゴシ
      「ん?」





ちゃあちゃんはご不満な様子。
むむっ
       「違うんだよなぁ、力加減が」



我が家の掟。
トイレットペーパーを使い切ったら必ず補充。そのままにしていたら半殺し。
補充するのが面倒で10cm残しておくのはもっと重罪で死刑。
図らずしも10cm残ってしまったら新しいものを手の届くところに置いておく。
それを夫に同居初日に話しました。
夫は笑っていました。
ある日、トイレからブリブリと音が聞こえてきました。夫です。

しばらくして私が入ったら紙が無い!
夫に言いました。
「無くなったら補充しといてくださいよ」
「俺じゃないぞ」
「あなたさっきブリブリしていたの聞こえていましたよ」
「いや、俺じゃない」
「じゃ、娘だって言うんすね」
「か?」
「いえ、娘にこれは身についているはずです」
「俺じゃないよ」
「じゃあ、娘が帰ってきたら半殺しにします。止めないでくださいね。これは
二人でお互い思いやって生きていくために決めた大事な決まり事ですから」


数時間後・・・。
「俺かもしれないなぁ」
「何がですか?」
「トイレットペーパー」
「もうそれは娘だってことになりましたよね」
「いや、俺ってことでいいや」