週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。毎週月曜日に更新、4コマ漫画もあります。
お初だ!
今年も店頭にトウモロコシが並び始めました。
1605301.jpg
        「えっと、それは・・・」









思い出したね。さあ、ちゃあちゃん、今年もやりましょう。
1605304.jpg
       「それは僕の大好物のトウモロコシ・・・」









恒例の二本足立ち食い。
1605302.jpg
          「それ!」




   



粒をこぼしながらシャクシャク。
1605303.jpg









今年もいっぱい食べようね。
1605305.jpg
       「美味し~い






娘がゼクシィを買いました。付録の箱を外しても3.9キロ。あまりの重さに
店員さんが袋に入れようと片手で持っては落とし、渡す時にはよろけていました。
1605306.jpg
スポンサーサイト
あまあまはあちゃん
はあちゃんは私の組んだ足の上でバランスをとりながら居座るのが好きです。
1605235.jpg
                      「ママ、おチリとんとんして」




お姉たんのお腹の上はもっと好き。降ろされないようにずっと会話を続けます。
16052314.jpg
     「お姉たん、あのお得な話知ってる?むにゃむにゃ・・・」








私が寝室に向かうとすぐに追ってくるちゃあちゃんが今日は来ません。
リビングを見てみると・・・。あっ、はあちゃん、起こしちゃったみたい。
1605236.jpg





眠そうだね。
1605238.jpg







ちゃあちゃんはおめめパッチリ。
1605239.jpg





ちゃあちゃんはママといっしょじゃなくていいの?
1605237.jpg
     「はあちゃんが眠ったら行くよ」





私の母のカレーの食べ方は妙でした。
最初にご飯とルーをぐちゃぐちゃにかき混ぜ、さながらカレーの混ぜご飯にします。
はたから見ると気持ちよくないのでいつも父に叱られていました。
母は「これがインド人の正式な食べ方なの」と私に当たりました。

またある日はカレーに醬油をドブドブかけたのでまた父に叱られました。
すると「これは山口百恵さんと同じ食べ方なの!」と私に当たりました。

母は晩年、医者から塩分を控えるように言われ、大げさにとらえた姉は
カレーを食べると母が死ぬと勘違いし、食べさせませんでした。
それでも母は自分が食べられないカレーを家族のためによく作っていたようです。


その母が亡くなって16年、来週、姉と二人で墓参りをすることになりました。
私 「母にはカレー味のお菓子でもお供えしようかな」
姉 「だめだよ、カレーは!お母さんが死んじゃうよ」


体重逆転
陽気が良くなり、年齢ものせいもあって猫たちは以前より良く寝ます。
1005161.jpg





はあちゃんは2ヶ月あまりで1キロの減量に成功。
1605162.jpg
 「もう、電球体型とかあんぱんにマッチ棒刺した体型とか言わせないわ」







ちゃあちゃんは脳梗塞の発作以来、目が離せません。やたらと食欲旺盛で一気に
体重増加。はあちゃんを超えました。お腹は常に張っていて、そしてよく吐きます。
1605153.jpg









はあちゃんももうすぐ11歳。おばちゃんです。
1605166.jpg







POKOさんから薦められた水素水を飲ませています。
01605165.jpg






元気でいてね。それだけが願いです。
1605167.jpg
     「あんまり心配してるとシワが増えるよ」





私が中学生くらいの頃、うちに定期的に農家のおじいさんが野菜を売りに来ました。
母     「おじさん、きゅうりちょうだい。一本いくら?」
おじいさん「一本30円」
母     「じゃあ、3本ちょうだい」
おじいさん「はいはい、3×3が10で100円です」

消費税もない時代。明らかに10円損しています。
おじいさんが帰った後、私がそれを指摘すると母は悔しがっていました。
次に来た時、今度は損しないようにと母は構えていました。

母     「おじさん、きゅうりちょうだい。一本いくら?」
おじいさん「一本30円」
母     「じゃあ、4本ちょうだい」
おじいさん「はいはい、3本100円だから4本で130円です」
母     「やっぱり4本は縁起悪いから5本ちょうだいよ」
おじいさん「じゃあ、160円。でも10円おまけして150円でいいですよ」
母     「ありがとう」

おじいさんが帰った後、母はおまけしてもらったとウキウキしていました。
一本30円なんだから一円もまけてもらってないんですけどね。

お気に入りができました
ダンボール箱を切って巻き巻きした手作り爪とぎにはあちゃんはうっとり。
1605091.jpg
         「ママにしては珍しく良い物作ったんじゃない?」







とても気に入ったようで。
1605093.jpg
         「ママ、はあちゃんが・・・」







いつもちゃあちゃんに遠慮するはあちゃんが譲りません。
1605094.jpg
           「どく気配なしだな・・・」









しっかりつかんでいましたが。
1605092.jpg
          「これは私のものよ」








夜にとうとう奪われてしまいました。
1605095.jpg
       「とったど~」             「悔しい・・・」






さてみなさんのGWはいかがでしたか?
1605096.jpg






今晩はゆっくりお休みください。
1605097.jpg
怖がり方に違いが
年2回の火災報知器点検。昔は二匹とも怖がってベッドと壁の隙間でコチコチ。
枝豆?






もう今回で20回を超えているので、さすがにちゃあちゃんは・・・。
1605024.jpg
             「あっ、そろそろうちの番だね」





はあちゃんは慌てふためき、押し入れに入り、襖と衣装ケースの隙間で立往生。
1605026.jpg







その後、そろりそろりと降りて来て・・・。まだ警戒。
1605022.jpg






完全に音が聞こえなくなるまで押し入れから出ませんでした。
1605023.jpg






ちゃあちゃんはご近所の警報音を聞きながらすやすや。猫的にはどちらが正解?
1605025.jpg