FC2ブログ
週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。時々、更新しています。
恢復する部屋
地震直後、時計と絵を外し、はあちゃんにテレビの裏に隠れられないようにバリケード。
テレビも床に直に落ちないようにテーブルを移動。殺伐とした部屋。震災の翌日撮影。
サツバツ)



けい君に切り絵をもらったのを機にふさわしい額縁を買い、全部の絵を壁に戻しました。
絵)




「地震が怖かったのでガラスをアクリルに代えてください」と頼んだら交換代金800円を
「今回はサービスします」とおまけしてくれました。ありがとう、ロフトの優しい店員さん。
けいくんの切り絵)




テレビの横はまだ一応バリケードをしてますが、テレビ台と壁との隙間を狭くし
さらにウレタンで埋め、上からするりと入られないようにしました。
バリケード)ピッタシ)
  横から突破不可                       壁のスキマ無し





午後4時56分、茨城で震度5弱の地震がありました。うちの方は震度3です。
今朝、久しぶりにちゃあちゃんがケージに籠り、地震の数分前にカーペットに潜りました。
地震の瞬間は、ちゃあちゃんと私はトンボちゃんで遊んでジャンプをしていたので
気づきませんでしたが、ドカンと大きな音がしました。
IMGP7321.jpg



「続きを読む」に長々と気持ち書きました。時間のある方だけ見てくださいね。
みなさん、お元気ですか?
私みたいにクヨクヨしてませんか?
私は震災の日から全然、前に進めていません。
眠れない夜を過ごし、朝が来たら明るいことに感謝して、
何もできないまま、また怖い夜が来て。
毎日、何事もなく過ぎればいいや、なんて思っているんです。
そんな自分がまた嫌で。


震災で亡くなってしまった方・・・
実直で寡黙な男性、働き者でほがらかな女性。
そして素朴で無邪気な子供たち。
ただ普通に生活していただけなのに、なぜ。
神様、震災で亡くなった方たちが何か悪いことしたんですか?



去年、父の闘病中、「なぜ、私のお父さんだけ治らない病気なの?
お父さんが何か悪いことした?」と神様を恨みました。
元気のかたまりだった母が脳内出血で倒れて脳死宣告されるまでの4時間は
「神様、お母さんを助けてください」とすがって祈りつづけたのに。



今回の震災直後、不謹慎にも「父も母もベッドの上で死ねて良かった」と思いました。
でも、今は違います。
「良い死に方」「悪い死に方」なんて無いと思います。




今、ご遺体も見つからない方々がたくさんいます。
だけどその方たちが「悪い死に方」をしたとは私は思いません。
悔しくて悲しくて、胸がつぶれる思いですが。




ピンピンコロリは遺族の心にぽっかり穴を空けます。
長患いも家族を苦しめます。私は両方、経験しました。
いまだに両親の死を受け入れられません。
たぶん、これからも受け入れないと思います。
実家に行っても
「今日は、お母さんに会えない」「今日は、お父さんがいない」と思うだけです。





「生」と「死」の境は一瞬です。
父と母の心臓が止まる前、止まったあと、父と母は何も変わりませんでした。
心臓が動いていなくても、お棺に納められていても父は大きな父、母は可愛い母でした。



人間は思うように「死に方」「死に場所」は選べないみたいです。



父と母が死んでから生きていた時以上に、父と母の愛を感じます。
私もいまだにスーパーで父と母の好物を買いそうになります。



姿は見えないけどそばにいてくれるんですね。私が弱いから。



昨日、尾木ママ(尾木直樹=教育評論家)のテレビを見て、
救われた言葉がありました。
「生きる世界は違っても一緒に生きていくことはできる」と。



あの世って、もしかしたら特別な世界ではないのかもしれませんね。
今回の震災で亡くなられた方も、あの世でこの世と同じように
ご近所付き合いを続けていることでしょう。




母が死んだとき、泣きませんでした。
夫から「あなたが泣いたらこの家族が壊れる」と言われたんです。



父が死んだ時もすべてを自分一人で仕切るため、泣く暇がありませんでした。
でも今はテレビを見て、毎日泣いています。
父は「こんな泣き虫な娘だったかな?」と驚いているかも。



悲しい時、さみしい時は泣いていいと思います。
亡くなった方を思ってずっと泣いていてもいいと思います。
悲しみを小出しにしていると返って長引くかもしれません。



震災を生き抜いた方は絶対、生きてください。
風邪なんかひかないでください。
これ以上、悪くはなりませんから。
私たちができることをやっていくので、どうか生きてください。










スポンサーサイト



テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット