週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。毎週月曜日に更新、4コマ漫画もあります。
はあちゃん病院へ行く
先日、はあちゃんは病院へ行きました。もう大丈夫なので心配しないで読んでください。

夜中の2時頃、はあちゃんがご飯の催促に来ました。私は数粒カリカリをあげました。
この2週間ほど、カリカリを食べる時に舌で回して片噛みをするようになり、
食べた後に「ケッ!」っとクシャミのような空咳のようなことをしていました。

この夜は「ケッ!」を何度もやり、止まりません。見ると涙をためて苦しそうにし、
カリカリを喉に詰めた様子。
はあちゃんは、毛玉も上手く吐けない体質です。吐く力がないのです。
「吐けないなら、飲み込んで!」でも飲み込む力も無いようで背中を触ろうとすると
ケーケー言いながらヨタヨタ逃げます。

吐かせるか?飲み込ませるか?頭は同じところをグルグル回っていました。
無理に吐かせると体力を消耗し、誤嚥の心配も。
「早くカリカリ溶けてくれ・・・」。祈るしかありません。
息が弱々しく、目を開けてられないほど苦しそうです。
「はあちゃん、こんなことで死なないで!死んじゃダメだよ」


逃げることもしなくなったはあちゃんの背中を静かに撫でました。
落ち着いて息遣いを聞くと気道は確保されているようでした。
20分ほど経つと、はあちゃんはゴロゴロ言いはじめました。
頭を振って、弓を射るポーズになり、毛繕いをして自分を取り戻しているかのようでした。
んもう)
「アタチ、とんだ災難だったのよ



翌朝、レントゲンを撮ってもらいました。
喉の詰まりの原因は、歯周病菌で喉に炎症を起こしているためと肥満。
太りすぎで気道が細くなっているとのこと。

そしてさらに腎臓がいびつなのと、膀胱に結石もたまっているのも判明。
ちゃあちゃんと仲良く(?)お揃いで尿路結石。これから毎月、検査です。
レントゲンとお薬で¥7100。ウン万を覚悟していたので拍子抜けしました。
明細書




行きは仰々しくタクシー。帰りはテキトーにバスと徒歩。駅構内を通過します。
キャリーはあちゃん
「いやよ~、居心地悪いわ~



今は、喉ごしの良いふやかしフードを食べています。本気でダイエットに励みます。
すやすや
スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット