FC2ブログ
週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。時々、更新しています。
断捨離と無明について語らせてください(文字いっぱい編)
断捨離熱が復活した私。今回は使いもしない大きなエアロバイクを分解して処分。
これらは嫁ぎ先が決まったもの。美脚マシンはうるさくてマンションでは使えません。
娘は焼きサンドが苦手、熱い蒸気の出る加湿器は猫のやけどが心配。
結局、よくよく考えて買い物をしなかった私がいけないのです。反省しきり。
断捨離)


最近読んだ小池龍之介著「考えない練習」の中から抜粋。
ものを捨てないことが「無明」の領域を育てている。
「捨てないでおいてあるもの」が増えていくと、
記憶のデータベースもどんどん乱雑になっていき、
覚えていられなくなるものが増えていきます。


覚えていられないものが増えると、
自分の心がいまどうなっているのかを確認する能力、自分の心を広く見渡す能力、
自己統御力をへらしていくことになるのです。


ものを捨てないでとっておきたいという煩悩とものをなくしてしまいたいという素直な衝動。
その相反する葛藤を思い出すと、とても嫌な気分になることでしょう。
とりあえず考えたくないから、引き出しの一番奥に入れておいて、
また今度見たときに判断しようと思って忘れたつもりでいます。



それが大間違いなのです。
忘れたつもりでいても、心はちゃんと覚えていて「どうしようかな」と思い続けている。
実は、これはとても危険なことです。「無明」の領域を増やすことになります。
無明とは、真理の光に照らされていない、迷いの状態です。
心の中の真っ暗闇の領域です。自分で、自分が見えない領域を増やしてしまうのです。


えっ)
「えっ、何だって?」



今、3LDK、75㎡の我が家には無明の域はありません。
全部、ひっくり返し、ほじくり、要らないものは処分しました。
一番ほじくりかえし甲斐があったのは娘のクローゼットの中。思い出すだけでも
何故、太宰の本がクローゼットに押し込まれていたかは不明。父親と同じく太宰ファン?
太宰
スポンサーサイト



テーマ:☆多頭飼い☆ - ジャンル:ペット