週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。毎週月曜日に更新、4コマ漫画もあります。
夫原病人の掃除日誌 その6
翌日、トイレの修理屋さんが来てくれました。
トイレを見るなり
「すいません、これは部品が無くて直せません」
「へっ?」
「これは特殊なタイプなんで普通のじゃ対応できないんです」
(こいつボロうとしている・・・)
このところの夫の言動からすっかり不信感と警戒感が強くなってしまった私。
「じゃあ、どうすればいいんですか?」
「全部取り換えるしか」
「じゃあやってください」

もうこんな便器とはお別れしたいので全部取り換えるのが身のため。
夫のマンションはユニットバスでトイレのタンクの容量を抑えるためか斜めにカットされた
妙な形です。
築25年で当時はバブル。相当豪奢な建物だったらしく屋上でライオンさんが雄たけびを上げています。
トイレの全取り換えは12、3万。
夫はあと一年半で定年。その後、一人で田舎に帰ると言っています。
このマンションは狭いけれど、都内まで電車で5分、六本木ヒルズや東京スカイツリー、
そして私の愛する富士山が眺望できる絶好の立地条件です。
娘は今住んでいるマンションを離れたくないと言っていて、彼氏も「お婿に入りたい」と
言うほど、私と娘の住む地域が大好きなのです。
いづれ今のマンションを娘夫婦に譲り、私はこのワンルームに住むと言う青写真もぼんやりと出来ていました。
それにはペットが飼えるのが絶対条件です。どうだったかなぁ。
夫とペットは無縁なので全然考えずにきました。
急いで夫にメールをしました。
「あなたのマンションはペット可ですか?」
すぐに返事が来ました。
「大丈夫だろ」
いつも断言することのない夫の、なぜかこの時は言葉を信じてしまったのです。
(やった!)
いづれ自分が住む部屋、頑張って掃除した甲斐があった。
猫たちと住めるなら狭くても何でもいい。
「トイレとお風呂、洗面ボール、全部取り換えてください」
もう目の前がぱっと明るくなって先行投資をしたくなりました。
業者さんが言うにはユニットバスの全取り換えは80万位。
それをやるなら台所のかさ上げをして配管を通し、洗濯機も置ける工事をサービスしてくれるとこのこと。
(洗濯機が置ける!ちゃんと生活ができる)
「じゃあ、キッチンもIHにして全部取り換えてください」
業者さんはびっくり。
「今、カタログ持って来ます」と言って会社に帰って行きました。
その後、業者さんと工事について煮詰め、もう気分はるんるん!古い!

そして夫の待つ病院へ。
冴えない夫の顔を見ても今日は滅入らない。
もう一度念のため夫に聞きました。
「ペットは大丈夫ですよね?」
「あぁ、大丈夫だろ?」
(・・・「?」つくの?)
「犬を連れてる人、見たことあります?」
「ないな」
(・・・)
家に帰ってから管理会社に問い合わせてみました。
「ペット不可ですよ」
(・・・・・・・・・・・・・)涙がこぼれました。
大きな仕事がとれてあんなに喜んでいた業者さん・・・。ごめん。私ももうダメです。







スポンサーサイト