週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。毎週月曜日に更新、4コマ漫画もあります。
夫原病人の掃除日誌 最終回
今日はいよいよ退院です。
入院期間はちょうど5週間。
5週間・・・この5週間、私は埃にまみれ、ゴミと格闘し、あっちこっち修理や
工事の手配をし、体を使い、気を遣い(とりあえずデザートが飽きないよう毎日変えました)
洗濯物を持って行ったり来たり・・・。
筋肉はガチガチ、膝はギシギシ、めまい、口内炎、冷や汗、あぶら汗、生理も止まりました。
夫原病の症状は更年期障害に似ているそうです。

父の介護の時はこんなにつらくなかったのに。
やはりそこに愛があるかないかの違いなんですね。
おっさんとは相性が良くないとわかっていたけれど、細胞レベルでこんなに傷つけられるとは。
おっさんに全く悪気がないのがお互いの不幸です。

病室につくとおっさんはイキイキしていました。
入院した時よりだいぶ体重も増え、顔がつやつやしています。
松葉づえをつき、病院をあとにしました。
マンションのドアを開けるとおっさんはびっくり仰天。
「自分の家じゃないみたいだ」
「そうですよ。もうすぐ名義変更しますから私のです。では良いお年を」
おっさんも
「良いお年を」と返しました。もう会うことは無いでしょう。
ドアをポンと閉めて私の役目は終わりました。
明日から寝坊できるかな。



・・・あとがき・・・
ちょっとコミカルに書きましたが、本当はこの間、とんでもないことが次々発覚していたのです。
もうそれはそれは大変なことが・・・。
友達がいつも私に尋ねます。
「なんで離婚しないの?」
答えは一つ。
「遺族年金が欲しいから」




スポンサーサイト