週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。毎週月曜日に更新、4コマ漫画もあります。
どっさりパン
凹んでいた私にPOKOさんがまたパンを送って下さいました。
201602151.jpg



箱から出すとこんな感じです。てんこ盛り!
201602157.jpg




今回のパンはきょっぴいさんとのコラボなんです。きょっぴいさんの煮豆を
あんにしてウグイスパンとこしあんパン。甘すぎないから罪悪感無し
201602152.jpg





こちらはハーブウインナーと厚切りジェイソンベーコンを仕込んだお食事パン。
201602153.jpg




3個続けて食べたらお腹がいっぱいでそのまま眠ってしまいました。
無添加のパンはお腹で膨らんで満足感いっぱいです。
201602154.jpg
「ママ、3個も食べたんだって・・・」       「私のご飯は減らしてるくせに」




炭水化物制限ダイエットとか流行ってるけど、パンは古代から食べられている主食。
201602155[
                「日本人は米だけどね」



これからも美味しくて自然なパンはおおいに食べちゃおうっと。
201602156[
           「いいんじゃない?元気になれるんだから」




母の教え
私は小学生のころから白髪が生えていました。
中学の時はかなり目立つようになり、そのせいで好きな先輩のそばにも近寄れず
寂しい思いをしました。

ある日、母に白髪染めをしたいと申し出たところ
「中学生の時に染めると失明してしまうからダメだよ」と言われました。
そして私の同級生の子の名前を出し、
「あの子は○ーちゃん(私)より白髪で真っ白で染めてるんだよ。
○ーちゃんなんてまだマシな方なんだから我慢しなさい」と。

「ん?」ならなんであの子は失明してないんだろう・・・?
疑問を投げると母は
「きっと年をごまかして本当は16歳なんだよ」と平然と答えました。

あれから40年近くたち、もう白髪染めはやめようかなと思っているこの頃です。
スポンサーサイト