週刊 おしゃもじ☆パンチ 
おっとりスコと甘えん坊アメリカンカール。 仲良くおしゃもじのような手で猫パンチをしています。毎週月曜日に更新、4コマ漫画もあります。
おみゃえは誰だ?
ちゃあちゃんは困り顔。
201602297.jpg







箱を鼻で突くと。
201602293.jpg






にゃ~んと鳴いて猫の手がぬ~っと出てきて。
201602294.jpg






そしてまた箱の中に消えます。
201602295.jpg
                                   「待て!」
        「ムリです」



母の教え
晩年の母は料理が上手でなんでも作っていた人でしたが、私が子供の頃は
大違いでした。
ダントツでセンスがなかったのがお弁当。
中学生の時、毎日お弁当持参でした。
友達はみな可愛いプラスチックのお弁当箱に色とりどりのおかずがいっぱい、
ご飯が少し入っていました。そのご飯はふりかけで彩られていました。

私のお弁当箱は四角いアルミ。その中に蓋のついた小さなおかず入れがあり、
ほとんどがご飯でしめられていました。
私はお弁当箱の蓋を開けるのが怖かったのです。
冷たいご飯の上に乗せられた味噌ピーナッツは石のように固く、
箸も通らず、一口で食べるしかありません。

おかず入れを開けるとサツマイモの天ぷらが一つ、あとはスカスカ。
もしくはミックスベジタブルをバターで炒め過ぎてシワシワになったものだけ。
私はお弁当を蓋で隠して食べていました。

あまりにも悲しいのでおにぎりをリクエストすると、
「ガッ
中身の鮭は骨がついたまま、梅干しは種が入ったまま。

友達が食べている卵サンドが美味しそうなので作ってと頼むと
「ブッ
たっぷりの醬油で味付けしたしょっぱい卵焼きがはさんでありました。

高校生の時、文句を言ったらそれ以降作ってもらえなくなりました。
姉は中学の時から毎日、お金をもらってパンを買っていましたが、
私は高校生になってからアルバイトをしていたのでお金はもらえませんでした。
バイトの稼ぎは少なく、パンは買えなかったので、私は飴をなめて高校の3年間を
過ごしました。

そのせいもあって娘が高校でお弁当持参になった時は毎朝早起きして
一生懸命、お弁当を作りました。
娘のリクエストに応じて卵焼きは毎日。
砂糖をたっぷり入れてふっかふかの厚焼き玉子を作りました。
娘は今でも
「お母さんの卵焼きは美味しかったな~」と言ってくれます。
私はろくな親じゃないけど、お弁当だけはちゃんと作れました。
お母さん、ありがとう。
スポンサーサイト